2005年09月22日

和歌山バトル

かなり長いこと書いてなかったんですが、大学院の試験も終わったし、またちょくちょく書いていきたいと思います。
さてもう一ヶ月も前のことになるんですが、JRの和歌山駅の地下で3on3のブレイクダンスバトルの大会があった。16チーム限定の大会だったけど、半分くらいは大阪から参戦のチームだったから、僕の中では「大阪vs和歌山」みたいな感じもしていた。僕はまだ、大阪のブレイカーとバトルして勝ったことはないから燃えていた!

僕のチームメイトは一個下のタケルとシュウ。一回戦の相手は大阪からきた「力まかせ」ってチーム。いかにもパワームーブが得意って感じですね。
いざ名前を呼ばれて舞台に出てみると、相手は2人だけ。メンバーが1人急用で出られなくなったらしい。
そんなことはどうでもいい!俺らは勝ちたいんや!!
先行はこっちだった、というより僕が出てやった!ここは僕が先輩としてバシッと決めて後輩を引っ張ろう!!実際バシッと決めたよ〜。フリーズとかホント、バチ止まりでしたよ〜。なあ、タケル!シュウ!
で、バトルは進み、全体を見て「勝ったんちゃうかな?いや勝ったやろ?」って感じがした。一個気になったんは相手の一人のヘッドが結構うまくて、ロングドリルもかなり回っていて、こっちは全員スタイルでパワーの返しとか何もできなかったこと。でも押してたと思った。

ジャッジは3人。僕は勝利を信じてた。結果は......






相手1、こっち1、引き分け1でドロー!!

ドロー!?

いや〜考えてなかった〜。ジャッジ3人やからドローはないと思ってました!
延長戦は....
微妙祭りでした!なっ、タケル、シュウ!
結局また大阪に負けてしまいました。それどころか和歌山勢はみんな大阪に負けてしましました。情けない......

なんで大阪に勝てないんでしょう?やっぱり環境ですか?経験ですか?ノリですか?テンションですか?立ちですか?フロアですか?全部ですか?

この大会のあとに僕は「結局、審査員の好みやろ?」と負け惜しみを言ってたけど、誰が審査員でも確実にうならせることのできるムーブができるようになりたいです.....
posted by 魚やん at 12:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。