2005年02月23日

ZIN6

newjackに入ってから、もう4回も「ZIN」を経験してきたけど、ZIN6というのは僕の中では結構思い出深い。
ZIN6は僕が3回生のときで1、2回生のときはのっちさんやタイラさん、庄司さん、小坂さんという先輩達と出てたから、どちらかというと受身的にいろいろ教えてもらって、その振りをするっていう感じだった。でもこのZIN6はのっちさんが卒業し、タイラさんも別のチームで出ることになったから、僕と池口と庄司さんと小坂さんの4人で出ることになっていた。
このころの僕らのブレイクのショーというのは、「チーム」というよりは「個人」で踊っていたと思う。曲をカウントで区切って、ここはソロ、ここはダブル、ここは合わせ、じゃあここ考えといて。という感じでただ当てはめていってただけだから、ショーとしてのまとまりがなく、正直グダグダのショーをやっていた。僕もあまり振り作りには関わらず、けっこう池口に任せっぱなしにした事もあった。

「これじゃダメだ!もっとこだわってちゃんと作るぞ!魚住も考えろ!」
と言ってくれたのは庄司さんで、やっぱり個人で振りを作るのではなく「みんなで振りを作る」というのがすごく僕にはあっていた。このときのZIN6は結局本番はいろいろミスしてしまったけど、このときからショーの作り方とか見せ方もだいぶ変わっていったと思う。
先輩、後輩が一緒にショーを作るのは、やっぱり後輩としてはちょっと口を出しにくかったりして、どうしても受身的になってしまうけど、「みんなで振りを作る」っていう意味で、今でもショーを作るときは僕が作った振りでもちゃんと後輩の意見や感想を聞いて手直しを加える。
みんなそれぞれこだわりとかやりたい事があって、ちゃんとそれを反映させれれば、全員の個性の出たショーができると思う。
newjackのブレイクのショーがいい方向に変わっていったのは僕の中ではZIN6でのショーがあったからやと思います。なんかまとまらないコラムになってしまいましたが、これからもこだわってショーを作りたいと思います。
posted by 魚やん at 16:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
庄司さん魚住君お久しぶりです!魚住君、なかなか懐かしいお話がいっぱいのコラムですね。初回から楽しく読ませてもらってます。前回のくれぬま君の話だけど、くれぬまは東京に進出したんだって。下っ端だけどしっかり声優業界入りしたそうですよ。

あと、最近の僕の近況ですが、知っての通りいろいろあって、岸和田で生活してます。ダンスは初め岸和田駅で一人地味にやってましたが、最近、中学生が教えて欲しいと声をかけてきたので中学生3人と練習してます。「やっぱダンスは楽しいね」と思う今日この頃を過ごしてます。

そして庄司さん、ホームページすっごいパワーアップしてますね。仕事しながら練習にホームページに本当すごいっすね!

Posted by いけぐち at 2005年02月24日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。